母を恋ふる記、まほろば篇

著者:荒井 敦子

発行日:2012年3月15日

ページ数:48p

価  格:本体1,000円(+税)


著者紹介:(あらい・あつこ)奈良市音声館館長、奈良市音楽療法推進室長。わらべうたと音楽療法を軸に街づくりを展開。まつぼっくり少年少女合唱団を結成し、過疎の山村での採譜や国際交流など幅広く活躍。
NPO法人音楽の森公式ホームページ http://www.ongakunomori.or.jp/

本書の内容:写真家・平岡雅之氏によるモノクロの写真に、各頁ツイッターほどの短文を添えた写真エッセイ集。
まほろば大和の自然と歴史に抱かれた暮らし、まつぼっくり少年少女合唱団の子どもたちとの日々、音楽療法など、全ページが著者の人生を写しだす。

読みどころ:ページの余白から著者や子どもたちの歌声が立ちあがります。

書籍のご注文

前の記事

風のエチュード

次の記事

作品論の散歩道