モニカと、ポーランド語の小さな辞書

著 者:足達和子(あだち・かずこ)

発行日:令和2年6月30日

ページ数:152p

価 格:1300円+消費税

 

著者紹介

1945年、東京都生まれ。翻訳家・通訳、日本ペンクラブ会員。都立青山高校、法政大学を卒業後、ワルシャワ大学文学部に留学。在学中に執筆した『日ポ・ポ日小辞典』が、1982年にヴェーザ・ポフシェフナ社(ワルシャワ)から出版された。帰国後、ポーランド航空日本支社、静岡産業大学講師を経て、現職。1992年に、『ふゆのさくら、現代日本名詩選』(日・ポ二か国語版、国際文化出版社、東京)で日本翻訳出版文化賞受賞、2015年に、ポーランド大統領よりカバレルスキ十字勲章を授与された。

 

本書の内容

ワルシャワ大学に留学中のある秋の日、著者が暮らす下宿の家に親をなくした1歳9か月の女の子モニカがやってきます。ポーランド初となる日本語小辞典の原稿が完成するまでの半年間、そして日本に帰国した後も、著者とモニカは互いに心を通い合わせ、絆を深めることになりました。本書は、ポーランドと日本が今よりも遠かった時代から、二国の懸け橋であり続けた一人の翻訳家の物語です。

 

読みどころ:モニカが著者宛てに書く手紙によって語られる後半の展開は圧倒的です。

 

 

 

 

書籍のご注文

前の記事

句集 潛伏期

次の記事

句集 仮寓