窮鳥のこゑ 熊野、魂の系譜Ⅲ

著 者:谷口 智行

発行日:令和3年8月30日

ページ数:808ページ

定 価:本体4000円(税込4400円)

 

著者紹介:

谷口智行(たにぐち・ともゆき)

昭和33年 京都生まれ、2歳から和歌山県新宮市で育つ
平成5年 両親の出身地三重県南牟婁郡御浜町にて、外科内科クリニック開業 

     熊野大学俳句部入会

  7年 俳句結社「運河」入会、茨木和生に師事
  11年 運河賞受賞、運河同人
  12年  第8回深吉野賞選者特別賞(宇多喜代子)
  16年 第7回朝日俳句新人賞準賞
      三重県文化賞文化奨励賞
  24年 運河編集長

  30年 運河副主宰兼編集長

俳人協会会員 大阪俳人クラブ会員

日本文藝家協会会員 日本現代詩歌文学館振興会評議員 

紀南医師会副会長 認知症サポート医

地域防災医療コーディネーター 医学博士

著書

句集『藁嬶』『媚薬』『星糞』

エッセイ集『日の乱舞 物語の闇』

評論『熊野、魂の系譜 歌びとたちに描かれた熊野』『熊野概論 熊野、魂の系譜Ⅱ』

共著『鑑賞 女性俳句の世界5』『俳コレ』

編著『平松小いとゞ全集』

 

内容紹介

(目次抄)

Ⅰ.贅言集
 文芸/自然・季語/文化・風俗・宗教・歴史/人物…
Ⅱ.漫筆集
 選の条件/リフレインと枕詞/回文/電子化…
Ⅲ.小考集
日本――国名のことなど/明治百五十年/昭和・
平成・令和/スペイン風邪――歴史に学ぶということ

Ⅵ.論考
東日本大震災考/災害考――紀伊半島大水害より/
俳句から読み解く「少年」の発達心理/田んぼ考――
食、地域抗争、水の神のことなど/森林考/
茨木和生小論/平松小いとゞ小論――白紙忌

 

書籍のご注文

前の記事

歌集 須臾の残響