句集 橋

著 者:中原道夫(なかはら・みちお)

発行日:2022年4月1日

収録句数:3句組×220ページ

価 格:2700円+消費税

 

著者紹介

中原道夫 なかはら・みちお
1951年 新潟縣西蒲原郡岩室村に生まれる
  74年 多摩美術大學卒業
  82年 能村登四郎主宰「沖」へ投句を始める
  84年 第11回「沖」新人賞受賞、沖同人
  90年 第1句集『蕩兒(とうじ)』(富士見書房)により第13回俳人協会新人賞受賞
  94年 第2句集『顱頂(ろちょう)』(角川書店)により第33回俳人協会賞受賞 
  96年 第3句輯『アルデンテ』(ふらんす堂)

  (中略)

 現在、「銀化」主宰/「新潟日報」俳句欄選者/日本文藝家協会会員/俳人協会名誉会員

 

本書の内容

『一夜劇』、『彷徨(UROTSUKU)』に続く、著者の第14句集。2015年(平成27)から2020年(令和2)までの約575句を収める。

 

本書の読みどころ

(書肆主の愛唱句を起承転結にてご紹介いたします)

まだ立つな冬のエンディングロールある

量り売りなら春先のたましひを

落椿しやがんで立つは難儀なり

手際よく枯れよ今直ぐとは言はぬ

書籍のご注文

前の記事

船の旅 本の旅