伊勢いいとこね――神宮の自然

著者:杉浦邦彦

発行日:平成31年3月28日

ページ数:356ページ

価格:3000円+税

著者紹介

(すぎうら・くにひこ)
昭和7年5月6日、愛知県清州市に生まれる。31年、三重大学農学部林学科を卒業後、神宮司庁に入庁、営林部に所属。平成10年、同庁財務部管財課を経て退職後は、財団法人三重県環境保全事業団嘱託専門員として、三重の自然観察と保護に取り組む。
 日本野鳥の会三重支部(元三重野鳥の会)初代支部長
 財団法人三重県日本鳥類保護連盟評議員・専門員
 国土交通省河川水辺の国勢調査アドバイザー
 環境省希少野生動植物種保存推進員
 三重県自然環境保全審議会委員

 

本書の内容

ウズラ、ヤマドリ、キジ、イカル、ホトトギス―――

伊勢神宮<鎮守の森>に飛来する野鳥の生態を四十年以上にわたり観測し、自然と共に生きることの本質を考究した貴重な記録です。
書名は、イカルの鳴き声が「伊勢イイトコネッ」と言っているように聞こえる、という「鳥の聞きなし」の紹介からとりました。講演録、新聞連載、ラジオ放送台本……いつでも机上に置いて、お好きなページからお好きな分だけお読みください。

 

読みどころ

20世紀下半期、伊勢神宮に飛来した野鳥の生態をつぶさに調べ記録した不刊の書。

 

 

書籍のご注文