歌集 寝しなの歌

 著 者:森村 稔

 発行日:2018年7月20日

 ページ数:256ページ

 価 格:1500円(税別)

 

 

著者紹介

(もりむら・みのる)
1935年大阪市生まれ。東京大学文学部美学美術史学科卒。博報堂を経てリクルートへ創業入社。編集部長、制作本部長、専務取締役などを歴任し、平成9年退職。リタイア後はお茶の水女子大学(メディア論)、東京経済大学(文章作法)講師など。著書に『スペシャリスト時代』(実業之日本社)、『仕事を活かすセンス』(東洋経済新報社)、『昇進術入門』(文藝春秋)、『頭の散歩』(産業能率大学)、『クリエイティブ志願』(青英舎、後にちくま文庫)、『朝の独学』(筑摩書房)、『ネクタイのほどき方』(同)、『自己プレゼンの文章術』(同)、『青空は片思い』(書肆アルス)、『こりゃあ閑話』(同)、自伝的短章集『どこ行っきょん』(同)など。

 

本書の内容

平成29年5月ころから翌30年2月まで、約9か月間に詠まれた著者初の短歌集。
 Ⅰ もやもやと …現在の自分を見つめて
 Ⅱ それぞれの …幼少期の回想
 Ⅲ 終日終夜 …仕事上の交友関係
 Ⅳ まじまじと …テレビ番組・映画・時事問題など
 Ⅴ 鉛筆と紙…読書・旧交・交友録
 Ⅵ せかせかと…街歩き、電車の中など日常生活の1シーン
 Ⅶ 立ち入ったこと…行きつけの店や通りすがりの人の印象詠
 Ⅷ 星々の…自然詠と抒情歌、ほのかな恋心など

 

 

読みどころ(あえて収録短歌にてご紹介)

ふと思うこと口ずさみ歌にする夜々の寝しなの習いとなりぬ

 

 

 

書籍のご注文