昭和・平成を詠んで――伝えたい俳人の時代と作品


著 者:栗林 浩

発行日:2017年9月7日

ページ数:450ページ

価 格:3000円(税別)

 

 

 

 

 

 

著者紹介:栗林 浩(くりばやし・ひろし)

昭和13年(1938)北海道生まれ。「握手」を経て、「遊牧」「小熊座」「円錐」「街」などに所属。評論集に『続々俳人探訪』『京大俳句会と東大俳句会』『俳句とは何か』『新俳人探訪』など。現代俳句協会会員、俳人協会会員。第7回俳句界評論賞、第32回現代俳句協会評論賞佳作、第18回横浜俳話会大賞特別賞を受賞。

 

 

 

 

 

本書の内容

アジア・太平洋戦争期およびその戦後期を生きた俳人に取材。二度と繰り返してはならない経験や、大震災を含め、決して忘れてはならないものは何か、自作句との関連で丹念に聴きとる。折しも平和安全法制(安保法制)が施行された日本の今、時代を学び時代から学ぶ、昭和・平成俳句の証言の書。
―収録俳人―

金原まさ子     後藤比奈夫

金子 兜太     伊丹三樹彦

小原 啄葉     勝又星津女

依田 明倫     木田 千女

橋本美代子     橋爪 鶴麿

柿本 多映     星野  椿

黛   執     有馬 朗人

大牧  広     友岡 子郷

池田 澄子     大串  章

 

 

 

 

読みどころ

熟達の聞き上手が18名の俳人の軌跡を伝えながら、俳句の未来をも指し示す、今読まれるべきかけがえのない一冊。

(高野ムツオ評/抜粋)



ご注文はこちらから