加藤郁乎作品撰集Ⅰ 初期俳句・初期日記・初期俳論


著 者:加藤郁乎

発行日:2015年5月30日

ページ数:496ページ(口絵1丁)+栞8p

定 価:本体4800円(税別)

 

 

 

 

 

 

 

 

内容紹介:澁澤龍彦をして「ポエジーの屍体」と言わしめた、猥雑で俗悪で不透明な熱気の被膜を拒む言葉の数々。瀧口修造・松山俊太郎・西脇順三郎らの郁乎論を含む初期七句集と、第一句集『球體感覺』刊行前後を明かす未公開日記「自治領誌」を完全収録。

 

本書の読みどころ

第一句集『球體感覺』

第二句集『えくとぷらすま』

第三句集『形而情學』

第四句集『牧歌メロン』

第五句集『出イクヤ記』

第六句集『微句抄』

第七句集『定本 加藤郁乎句集』

――序文・後書き・解説はもちろん、異色の自句自解エッセイ「レディ・メード」や栞文も完全収録。

 

解説=小林恭二「『牧歌メロン』へ」

栞=岡井隆「郁乎の全体像が知りたい」・宇多喜代子「加藤郁乎の草城好き」・坪内稔典「郁乎に始まる」

 

***「加藤郁乎作品撰集」全三巻の構成***

Ⅰ 初期俳句・初期日記・初期俳論

Ⅱ 詩・小説ほか

Ⅲ エッセイ・交友録ほか

※2015年初夏に第一巻(刊行済)、初冬に第二巻、2016年初夏に第三巻を刊行予定です。



ご注文はこちらから